岡倉天心記念公園(Okakuratenshin Memorial Park)

谷中銀座から初音の森に至る小道の途中に、岡倉天心記念公園があります。岡倉天心宅跡ということで、公園としては小さいですが、谷中を散策途中ちょっと一休みするには、ちょうど良い空間です。奥に天心像(金色しています)を安置した六角堂と、滑り台を置いた小さいな遊園地があります。ちなみに、ヒマラヤスギの角近くにある日本美術院は岡倉天心が中心となって創設・・・とあり、とても興味深いです。東京芸術大学といい、谷根千の中で観た個々の点が線でつながっていく気がします。

 

岡倉天心記念公園 岡倉天心記念公園 六角堂 岡倉天心記念公園 越前水仙 岡倉天心先生旧宅趾 日本美術院発祥之地

東京都指定旧跡
岡倉天心宅跡
旧前期日本美術院跡

所在地 台東区谷中5丁目7番
指定  昭和27年11月3日

日本美術院は明治31年(1898)岡倉天心が中心になって「本邦美術の特性に基づきその維持開発を図る」ことを目的として創設された民間団体で、当初院長は天心、主幹は橋本雅邦、評議員には横山大観、下村観山らがいた。活動は絵画が主で、従来の日本画の流派に反対し、洋画の手法をとり入れ、近代日本画に清新の気を与えた。この場所に建てられた美術院は明治31年9月に竣工した木造二階建で、南館(絵画研究室)と北館(事務室・工芸研究室・書斎・集会室)からなり、附属建物も2、3あったといわれている。明治39年(1906)12月に美術院が茨城県五浦に移るまで、ここが活動の拠点となっていた。昭和41年(1966)岡倉天心史跡記念六角堂が建てられ、堂内には平櫛田中作の天心坐像が安置されている。

平成11年3月31日 建設
東京都教育委員会


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です